ガラスのテーマパークのガラスの里

ミュージアムでガラスのアートを見よう!古い作品から新しい作品まで

全国でも珍しいと言われている、ガラスのテーマパーク「ガラスの里」。

ガラスの里にはガラスを使った数々のアートが展示されています。
アートを見れば「ガラスだけでこれほどの表現ができるのか」と驚くでしょう。
もしかしたら芸術の道に目覚めてしまうかもしれません。

ガラスのアートを見たいならミュージアムに行ってみましょう。
ガラス博物館、世界現代ガラス美術館、それからビーズ博物館があります。
これらミュージアムはすべてミュージアムゾーンにあるのですが、
ミュージアムゾーンは有料となっていますので気をつけましょう。
ですが、どのアートにもお金を払って見る価値があると言えます。

ガラス博物館には過去の作品が展示されています。
第一展示室と第二展示室があり、第一展示室には3000年以上も前の作品が並んでおり、
どれも古くからの歴史を背負った美しい形を保っているのが特徴です。
第二展示室は比較的新しく、江戸時代末期から昭和の時期に生まれた作品があります。

現代の作品を見たいなら世界現代ガラス美術館ですね。
ガラス博物館にある作品とはまた違った雰囲気を放っています。
ここではガラスの表現力にただ心を奪われるばかりです。

ビーズ博物館は、ガラスではなくビーズがメインです。
なかなかお目にかかれないビーズがたくさんあるため、
ビーズ好きには最高の場所でしょう。

メニューのタイトル

Copyright(C) 2013 自由な特集サイト All Rights Reserved.